« 放浪息子(第9話) | トップページ | バクマン。(第23話) »

とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第22話)

アクセラレータ[ CV:岡本信彦 ]木原[ CV:藤原啓治 ]当麻[ CV:阿部敦 ]ヴェント[ CV:平松晶子 ]。場所と状況は違えど、それぞれがそれぞれの信念を賭けての死闘。

ヴェントは何故自分の戦う理由を当麻に話したのか?単なる自己陶酔のためなのか?当麻の説得は、もちろんヴェントには届かず。だけど、ヴェントが当麻に自分の境遇をあんな状況とはいえぶつけてきたのは、絶対彼女自身にも「こんな戦いに身を投じる事が自分のやるべきことなのか?」という疑問があるからだと思う。それを自己否定しながら戦わなくてはならないところに、虚しさを感じる。

そしてアクセラレータと木原。こちらの勝負には遂に決着が着いた。木原に何度ぶちのめされても起き上がってきたアクセラレータの頭の中には、もうラストオーダー[ CV:日高里菜 ]の事は無かったんじゃないか?いや、それでも無意識のうちに戦っていたアクセラレータの中では、ラストオーダーの存在は大きくなっているという証拠かも。

そして遂に!遂に見せ場がやってきたのはインデックス[ CV:井口裕香 ]。あの状況に単身堂々と乗り込んで行くとは・・。予想外の行動力に感服だ。

とある魔術の禁書目録Ⅱ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 放浪息子(第9話) | トップページ | バクマン。(第23話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51165468

この記事へのトラックバック一覧です: とある魔術の禁書目録Ⅱ<インデックスⅡ>(第22話):

« 放浪息子(第9話) | トップページ | バクマン。(第23話) »