« テガミバチ REVERSE(第22話) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト(第22話) »

フリージング(第9話)

イーストの3年1位、キャシー[ CV:釘宮理恵 ]。これまでの展開から少し油断していた。カズヤ[ CV:市来光弘 ]の事を見てホッとしたような、親近感をうかがわせるような笑顔を見せていたんだけど、その理由は聖痕にあったということか。このままキャシーもカズヤ争奪戦に突入かと思いきや、突如として4体のノヴァ襲来。

これまでがウエストの中での小競り合い、というよりもケンカの激しい版的な展開が続いていたので、ここで急激に方向性を変えたストーリーに少し戸惑った。サテライザー[ CV:能登麻美子 ]とカズヤの関係が一区切り付いたかな?というところで、これまでの関係を大きく壊してしまうようなカズヤの一言。イーストのパンドラでは歯が立たない新たなタイプのノヴァ襲来。フィクションの世界のはずなのに、急に現実へ引き戻されたような感覚だ。

ここでカズヤとサテラが満を持して出撃!したいところで、あのカズヤの言葉。サテラにとっては、自分は"代替品"として必要とされていただけ、つまりサテライザーという人間としては必要とされていなかった―。カズヤの言葉はかなり短くてカズヤの意志を全て表現していたとは思いがたいけれど、それでもサテラにとってはそう解釈してもおかしくない。

二人の関係を修復するキーとなる儀式、それが洗礼ということになりそうだ。

フリージング(@AT-X) / アニメーション制作:A・C・G・T

|

« テガミバチ REVERSE(第22話) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト(第22話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51053037

この記事へのトラックバック一覧です: フリージング(第9話):

» 別館の予備(フリージング&外交官 黒田) [スポーツ瓦版]
3月11日 フリージング&外交官 黒田 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10826713399/7c9aef86 [続きを読む]

受信: 2011年3月11日 (金) 22時17分

« テガミバチ REVERSE(第22話) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト(第22話) »