« 放浪息子(第7話) | トップページ | バクマン。(第22話) »

GOSICK―ゴシック―(第9話)

ヴィクトリカ[ CV:悠木碧 ]ちゃんのお家、初公開!一弥[ CV:江口達也 ]からもらった着物を手に大はしゃぎのヴィクトリカが向かった先は、まさかの自宅。図書館に住んでるのかとばっかり思っていた。しかしあの植栽迷路、通り抜けるのにどのくらいかかるんだ?迷路入り口→玄関前という途中省略の場面展開のおかげで、余計に気になる。

そしてその一弥は、ヴィクトリカの退屈を紛らわすことを運命づけられたように、予定通り事件に巻き込まれる。最初に一弥が見た「青いバラ」こそが、アヴリル[ CV:下屋則子 ]の言っていた本物であることは間違えない。マネキンの山に突如として箱から飛び出してくる女の子。一連の演出はほどよい恐怖感と緊張感で、息をつかせない展開。

しかしクレヴィール[ CV:木内秀信 ]がここまで一弥の話を信用しないとは・・・。もう少し物わかりの良いヤツかと思っていただけに、ちょっと見損なった。頑固で人の意見を聞こうとしないあたりは、間違えなくヴィクトリカの兄なんだけど、何もそんな所で分からせてくれなくても・・。

今のところ、今回の事件では人は死んでない。にもかかわらずこれだけの恐怖感。やっぱりヴィクトリカがいない、というよりも一弥が一人で巻き込まれているという点にその大きな理由がありそうな気がする。

GOSICK―ゴシック―(@テレビ東京) / アニメーション制作:BONES

|

« 放浪息子(第7話) | トップページ | バクマン。(第22話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51043549

この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK―ゴシック―(第9話):

« 放浪息子(第7話) | トップページ | バクマン。(第22話) »