« バクマン。(第22話) | トップページ | フリージング(第9話) »

テガミバチ REVERSE(第22話)

シルベット[ CV:水樹奈々 ]の元へ再び姿を見せたゴーシュ[ CV:福山潤 ]。と言っても、ゴーシュの意志でシルベットに会いに来たわけではなく、たまたま出会ってしまっただけ。

ゴーシュがシルベットの事を覚えていない―。今回のゴーシュの言葉は、ゴーシュを演じるための言葉でもなく、リバースのノワールとしての言葉でもなかったと思う。今のゴーシュという人間の全てをさらけ出していたと信じたい。となると、やっぱりラグ[ CV:沢城みゆき ]の手紙弾は、一時的な効果しかなかったのか・・・。その事実を突きつけられて、流石にちょっとガクッと来た。

だけど、果たしてゴーシュがかつてのノワールだったとしたら、シルベットに対して自分の今の素直な気持ちを吐露しただろうか?ゴーシュでもノワールでもない、今の彼には間違えなく"心"が生まれている。だからこそ心弾が撃てたと思うし、ラグたちの前に再び姿を見せたんだと思う。再びラグたち、過去の自分を知る人たちと向き合うために。

そんなゴーシュの決意とは裏腹に、カベルネはカリブス[ CV:井上和彦 ]たちの手によって別の場所へ。ハチノスに集まっていた「精霊になれなかった者」たちは・・・彼らもリバースの一員だったとでも?ますますラルゴ[ CV:小西克幸 ]がハチノスにいない理由が気になる。

テガミバチ REVERSE(@テレビ東京) / アニメーション制作:studioぴえろ

|

« バクマン。(第22話) | トップページ | フリージング(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51043558

この記事へのトラックバック一覧です: テガミバチ REVERSE(第22話):

« バクマン。(第22話) | トップページ | フリージング(第9話) »