« 放浪息子(第8話) | トップページ | レベルE(第10話) »

テガミバチ REVERSE(第23話)

目の前にいる人は、ラグ[ CV:沢城みゆき ]にとっては間違えなくゴーシュ[ CV:福山潤 ]という人なのに、もうその人の心は戻らない―。ラグがゴーシュに「ノワール」と呼びかけたという事は、少なくともその現実を受け止めたということだ。シルベット[ CV:水樹奈々 ]との約束、そしてラグがビーになった理由。いろいろな物がラグの心から、抜け落ちてしまうんだろうか。

ノワールもまた、自分がゴーシュという人間であったという事を少しずつ受け止めているように感じる。今のノワールには、ロダ[ CV:堀江由衣 ]を始めとした精霊になれなかった者を助けたいという気持ちしかない。それでも、ラグに銃口を向けたかつてのノワールとは違う。ノワールとしての心が今のノワールにはあると信じたい。

そしてカベルネを迎え撃つラグ、ザジ[ CV:岸尾だいすけ ]、ゴーシュ。「人工太陽を落とさせない」という目的は同じだけど、羽根のもげたトンボだったはずのカベルネがいつの間にかすっかり陸生型に進化してるし・・。流石にそう簡単には勝てないか?ステーキ[ CV:永澤菜教 ]の異変がカベルネを倒すカギになりそうな、気になる前兆で次回へ!s

テガミバチ REVERSE(@テレビ東京) / アニメーション制作:studioぴえろ

|

« 放浪息子(第8話) | トップページ | レベルE(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51117602

この記事へのトラックバック一覧です: テガミバチ REVERSE(第23話):

« 放浪息子(第8話) | トップページ | レベルE(第10話) »