« バクマン。(第24話) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト(第24話) »

テガミバチ REVERSE(最終話:第25話)

▼最終話
カベルネとの最終決戦も早々に決着。それよりも後日談に重きを置いた構成。もう少しラグ[ CV:沢城みゆき ]が苦戦するかと思ったけれど、この作品の見せ場は鎧虫とのバトルシーンよりも、やっぱり人間ドラマだから、この構成は正解だったんじゃない?

ラグと暫しの別れとなるそのとき、ゴーシュ[ CV:福山潤 ]が口にした言葉が印象的だった。「自分はラグがいたから救われた―」、ゴーシュの背中を追ってテガミバチになったラグが、ゴーシュの背中を、そして未来を後押しした。ラグやシルベット[ CV:水樹奈々 ]の知っているゴーシュは帰ってこなかったかもしれないけれど、ラグとゴーシュ、いやノワールとの絆はさらに深まった。

ゴーシュとの別れの時、ラグが大泣きしなかったのも印象的だ。あの泣き虫のラグはどこへやら。カベルネから人工太陽を守り、そしてノワールの生きる道を照らしたラグの心。優しさと、そしてこの第2期シリーズでは強さを身につけたラグ。その成長を全50話でじっくりと楽しませてもらいました。

▼成長したラグ
1期のストーリーには、「ゴーシュを見つけるんだ!」というラグの強い気持ちはもちろん、ゴーシュの手がかりに少しずつ近づいているんじゃないかという希望があった。一方でこの2期はどうだろうか?ゴーシュが生きている事が分かった!これだけで相当に嬉しい事実だったはずなのに、それが結果として絶望に向かって突き進んでいるような気分。それでも、最終話の感想の通り、成長したラグの前向きな気持ちに救われた。ラグがビーとしても人間としてもどんどん大人になっていく様子は、とにかく頼もしいの一言だ。

▼シナリオのクオリティ
やはり話数が多くなると、どうしてもシナリオの質が気になる。決して低かった訳じゃないんだけど、密度という意味では1期よりもパワーダウンしていたような気がする。ゴーシュと再会してしまったということもあるんだけど、それ以外の1期で見られた多様な価値観と思惑が交錯するが故の面白さが少し影を潜めてしまったのは残念だ。

▼引き続きの安定作画
1期はもちろん、この2期も作画面では極めて安定。基本的に夜しか舞台の無いこの作品の世界観を、雰囲気を暗くしすぎる事なく、しかし底冷えがするような木枯らしが時には吹きすさぶ。単調になりがちな薄暗い作品の世界観を、丁寧な作画でカバー。バトルシーンでもキャラクターの動きはしっかりしてたし、引き続きテレビシリーズの作画のお手本のような作品だった。

テガミバチ REVERSE(@テレビ東京) / アニメーション制作:studioぴえろ

|

« バクマン。(第24話) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト(第24話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51234713

この記事へのトラックバック一覧です: テガミバチ REVERSE(最終話:第25話):

« バクマン。(第24話) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト(第24話) »