« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第13話) | トップページ | フラクタル(最終話:第11話) »

放浪息子(最終話:第11話)

▼最終話
余韻―。最終話のエンディングは、この作品が作り上げてきた世界観がフィナーレを迎える瞬間と、倒錯劇「ぼくは、おんなのこ」が、今まさに始まろうとするその瞬間、両方の余韻をいつまでもいつまでも漂わせる。エンドテロップを作中に重ねることなく、まるで映画のような暗闇の背景に浮き上がらせるその演出は、お見事!と言うしかない。

いろいろあった修一[ CV:畠山航輔 ]だけれど、気がついてみれば自分が「男の子」である現実を受け止め始めていた。そこに至るまでは紆余曲折があったけれど、改めて安那[ CV:堀江由衣 ]に「好き」という気持ちを伝えた時の修一は、間違えなく男の子だったはず。今もう一度、安那が「キス、したいの?」と聞けば、修一の答えは決まっているはず。

その一方で、よしの[ CV:瀬戸麻沙美 ]とかさおり[ CV:南里侑香 ]は、まだいろいろな感情を引きずっているように見える。どこにぶつけて良いか分からないその感情をもてあましている。そんな彼女たちも、おそらくこれからの修一を見続けていく事で、少しずつかもしれないけれど、何かが変わってくるはず。

原作が連載継続中ということもあり、ストーリーとしては完結を迎えることなくアニメは放送終了を迎えた。それでも、"この先"を予感させる最終話のストーリーはこの物語を締めくくるに十分な出来だったし、敢えて原作にすぐ手を出さず、この先の出来事を想像して楽しむのもアリだと思う。

▼流行りの男の娘?
原作者の志村貴子さんについて言えば、俺の中では「青い花」(連載継続中、欠かさず読んでおります)でお馴染み。その志村さん原作の放浪息子、連載開始は2002年だそうで。アニメとしてこの作品を受け入れる土台が、2010年にしてようやく出来上がった、ということだろう。だから決して、イロモノとしてアニメ化されたわけではない。それはこの全11話を見ていれば自明だ。ストーリー展開に少々唐突なところがあって、キャラクターの心理描写がストーリーを展開させる大きな要員になっているから、気を抜いてみていると完全に置いてかれます。これは志村さんの作風なんだけど、人によっては評価を下げる要因になったかもしれない。

▼深く掘り下げた心理描写
上に書いたとおり、この作品においてストーリーの進行に欠かせないキャラクターの心理描写。今、そのセリフを言った瞬間に修一やよしのは何を考えているのか?モノローグで心理描写をしているように見せているけれど、その実はもっと違う事を考えているんじゃないのか?好きとか嫌いとか、明確な回答が出ない部分で、常に悩み、自問自答する修一たち。表面だけでは決して伝わる事のないこの作品の面白さ。中学生という微妙な年齢をリアルに生きている感覚が、この作品の登場人物からは伝わってくる。

▼デジタル制作ならでは
この作品では、全編にわたってエフェクト処理がされていて、全体的に水彩絵の具で色を付けたような不思議な色調。この淡くてちょっと霞ががったような雰囲気が、とにかく放浪息子の世界観にピッタリ!昔のセルアニメでこれを実現するのは、おそらく困難だったと思う。これぞまさしく、制作のデジタル化の恩恵だ。その制作を手がけたのは、AICが新たに立ち上げた制作ライン、AIC Classicだ。流石に本数を増やしすぎじゃないか?と危惧していたんだけど、少なくともこの作品については100点満点。作品の雰囲気を壊すことなく、最初から最後まで丁寧に仕上げてくれた印象だ。

放浪息子(@フジテレビ) / アニメーション制作:AIC Classic

|

« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第13話) | トップページ | フラクタル(最終話:第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51276229

この記事へのトラックバック一覧です: 放浪息子(最終話:第11話):

» 放浪息子~#11 放浪息子はどこまでも  [ピンポイントplus]
 おしとやかでやさしい中学生の二鳥修一、通称にとりん 女の子になりたい複雑な心境の中学2年生、11話目、最終回  中学2年生の2学期、文化祭の準備に熱が入る。  にとり... [続きを読む]

受信: 2011年4月 5日 (火) 21時43分

» 放浪息子  全11話 [にき☆ろぐ]
今更ですが見終わったので総括感想です。女の子になりたい男の子と男の子になりたい女の子のお話ということでなかなかない作品でしたが面白かったです原作は小学生編からあるのにア... [続きを読む]

受信: 2011年4月 9日 (土) 11時59分

» 感情の高ぶり [笑う学生の生活]
アニメ「放浪息子」を見ました。 フジにて 木曜深夜にやってました まったく予備知識なく見たのだが・・・ 驚きでした 中学生の男女の友情・恋 しかし、女の子になりたい男の子、男の子になりたい女の子が主人公 いわいる 性だったり、男装・女装だったりがキーとなっ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月10日 (日) 11時44分

« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第13話) | トップページ | フラクタル(最終話:第11話) »