« 俺たちに翼はない(新番組:第1話) | トップページ | へうげもの(新番組:第1話) »

フリージング(最終話:第12話)

▼最終話
サテライザー[ CV:能登麻美子 ]の強い精神力、そしてカズヤ[ CV:市来光弘 ]とカズハの想い、ガネッサ[ CV:喜多村英梨 ]の行動が、今回の危機を救った!一時はサテラもノヴァ化が進行して、相当にやばい状況だっただけに、安堵の気持ちも大きかった。

そしていよいよそのベールを脱ぐかと思ったシフォン[ CV:井上麻里奈 ]!どうも意図的にその戦いぶりが隠されているような演出なんだよな~。レベンスボルン・ヌクレオチドでのノヴァ戦ではその一端が見えたようで、未だにベールに包まれている彼女の実力。

そしてそんな彼女の実力と共に隠されたままの「洗礼」の中身。いかにもストーリーが続きます!と言わんばかりの源吾[ CV:斧アツシ ](カズヤの父親か?)の登場。原作が未完という事もあり、さらにこのアニメについても2期を思わせるフィナーレとなった。全12話、思った以上に楽しめた。2期も期待したい。

▼想像以上の面白さ
おっぱい&パンツのアニメだと最初は思っていたんだけど、1話の時に感じた「見入ってしまう面白さ」が最後まで続いた。その理由は、想像以上にハードだったパンドラとノヴァの戦いだ。ビジュアル重視の作品でストーリーが「オマケ」になってしまう作品はこれまでに山ほど見てきたけれど、フリージングは違った。

状況がとにかくシビアなノヴァとの戦い。常に身内と対立を続け、フルボッコにされるサテライザー。ここまでお約束の通じない戦いばっかりだと、どうせ勝つんでしょ?という気軽な気持ちで見られない。というか、現に勝たない事の方が多いときた。良い意味で期待を裏切られ続けたこの展開、個人的にはかなり面白かった。

▼バラエティに富んだ登場人物
よりどりみどりのゼネティックスの女の子たち。もちろん、ストーリーと並んでこの作品の魅力の1つだ。こういう作品の場合、いつもなら誰かお気に入りのキャラクターを見つけて楽しむんだけど、流石に登場人物が多すぎてそこまで入れ込む前に終わってしまった。サテライザーとラナ[ CV:花澤香菜 ]はもちろんのこと、それ以外の登場人物にも順々にスポットが当たっていたってことでもあると思う。これだけたくさんの人物が代わる代わる登場しても、特にごちゃごちゃした印象もなかった。

▼AT-Xでは4:3
1話に続いて、敢えて最終話の感想でも触れておくけど、AT-Xでは4:3の放送。流石に最近は滅多に見ない画角だけに最初は気になったけれど、作品を楽しむという点に置いては徐々に無視できるようになってきた。もっと肝心の演出が見えなかったり、画面構成に無理が出てきたりするかと思っていたんだけど、そんな事もなかった。ノヴァとのバトルシーン、パンドラ同士のバトルシーンもなかなか迫力があったし、かなり丁寧に作り込んだ印象。

フリージング(@AT-X) / アニメーション制作:A・C・G・T

|

« 俺たちに翼はない(新番組:第1話) | トップページ | へうげもの(新番組:第1話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51330132

この記事へのトラックバック一覧です: フリージング(最終話:第12話):

» セパ開幕で順位予想&フリージング [別館ヒガシ日記]
セパ開幕で少し遅い球春の到来だが は岩隈勝利プレゼントし パ順位予想は3位以下が難しいけど 1位で内川&カブレラ入団は大きく 2位で投打とも昨年より良さそうで 3位で西岡&コバヒロ退団は痛く 打線は繋げる野球の選手が多いけど... [続きを読む]

受信: 2011年4月12日 (火) 21時40分

« 俺たちに翼はない(新番組:第1話) | トップページ | へうげもの(新番組:第1話) »