« へうげもの(新番組:第1話) | トップページ | 30歳の保健体育(新番組:第1話) »

夢喰いメリー(最終話:第13話)

▼最終話
vsミストルティン[ CV:矢作紗友里 ]の最終局面!いや~、見応え十分だったな。どこからとも無く正義のヒーローが登場するわけでもなく、夢路[ CV:岡本信彦 ]メリー[ CV:佐倉綾音 ]たちの信じる気持ちが力になった。そしてレオン[ CV:黒田崇矢 ]の犠牲も無駄ではなかった!

唯一惜しむべき所があるとすれば、それはミストルティンが消滅した瞬間の飯島[ CV:鈴村健一 ]の顔が見られなかった事だ。もちろん、夢路やメリーはそんなことしないんだろうけれど、俺だったらデイドリームが終わるまで延々と殴り続けたに違いない(笑)。それでも、現実に戻って飯島が座っていたはずの席に誰もいないことを確認した瞬間は、思わずニンマリだった。

まだまだメリーと夢路の戦いは続く。ユメを無くした千鶴[ CV:植田佳奈 ]には、勇魚[ CV:茅野愛衣 ]との再びの出会いが待ってるに違いない。これからもずっと、この二人の行く末を見ていたい。そんな期待感と希望を抱かせるに十分な最終話だった。

▼徐々に深まるストーリー
序盤は少々置いてけぼりを喰らったような印象すらあった世界観。だけどストーリーが進むにつれ、物語の深いところが見えてくるにつれて、そんな気分はどこへやら。メリーの可愛さに夢中になっているうちに、気がつけばこの作品の世界観にどっぷり漬かっていた。正義の味方かと思えば、単なる夢魔殺しに急転直下。実体の見えない敵の存在に感じる漠然とした不安感。いろいろな感情がストーリーに乗ってくる事で、さらに深みを増す。徐々に、じわじわと染みこんでくるような、味わい深い展開だった。

▼メリーに夢中
幼なじみ度100%の勇魚も捨てがたいんだけど、やっぱりメリーの魅力を語らずにはいられない。見る物全てにピュアは反応を見せるメリー。そして時にはそのピュアな心が強さにもなり、そして脆さでもあった。時には頼りになる力強い味方だし、時には守ってあげないと何処かへ飛んで行ってしまいそうな儚さも見せる。そんなメリーとの出会いで、夢路も自分の"ユメ"をより強く意識する事になった。この全13話の中ではメリーという存在が何者なのか答えが出ることは無かったけれど、それでも前を見つづけているポジティブなメリーの姿には、ちょっと元気づけられたような気がする。

▼美麗な映像
これぞ大手制作プロダクションと言うにふさわしい作画クオリティもこの作品の魅力の1つ。メリーや勇魚の可愛さ、夢魔との派手なバトル。3DCGを効果的に使ったデイドリームの世界観の演出。お馴染みのちょっと淡い色彩のJ.C.STAFF独特の色使いも、この作品の雰囲気とはマッチングの相性が良かったんじゃないだろうか。キャラクターのアクションや表情、背景、プロップデザインまでぬかりない作品作りには好感を覚える。

夢喰いメリー(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« へうげもの(新番組:第1話) | トップページ | 30歳の保健体育(新番組:第1話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51337476

この記事へのトラックバック一覧です: 夢喰いメリー(最終話:第13話):

« へうげもの(新番組:第1話) | トップページ | 30歳の保健体育(新番組:第1話) »