« 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第4話) | トップページ | 星空へ架かる橋(第3話) »

デッドマン・ワンダーランド(第2話)

丸太[ CV:朴ロ美 ]はまだ認められない現実かもしれないけれど、デッドマン・ワンダーランドが刑務所であるという事実は、しっかりと受け止めないといけない。そしてそこにいる人間は、基本的に囚人であり在任であるという事実。そう考えれば、いかにも悪人という面構えの高頭寺[ CV:丸山壮史 ]よりも、いかにも親しそうに近づいてくる人間の方がむしろ危ない。

その人間とは、もちろん鷹見羊[ CV:梶裕貴 ]のことだ。ドッグレースショウへの出場も結果として鷹見との会話がきっかけだったし、玉木[ CV:諏訪部順一 ]と繋がっているこの男が今のところは一番注意しなければならない人物だと思う。結果としてドッグレースショウに出場しなくなったのも、意図的じゃないかと思えてくる。

それにしても、これだけ過酷な(今回は相当みたいだけど)レースに出て、優勝してようやく10万?その10万で3日分の命を買う訳か。常識的に考えれば、丸太がこの環境で何日生き残れるのか、考えたくもないくらいにシビアな状況だぞ。マキナ[ CV:本多貴子 ]が読んでおけと言ったルールブック、まだまだとんでもない内容が書いてありそう・・。

デッドマン・ワンダーランド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:マングローブ

|

« 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第4話) | トップページ | 星空へ架かる橋(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51520707

この記事へのトラックバック一覧です: デッドマン・ワンダーランド(第2話):

« 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第4話) | トップページ | 星空へ架かる橋(第3話) »