« 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第3話) | トップページ | 俺たちに翼はない(第3話) »

戦国乙女~桃色パラドックス~(第3話)

2話のおかげで1話での低評価から少し抜け出したと思っていたんだけど、3話は再び見所のない内容だった。いや、おそらくシナリオ的には見所がいくつかあったんだけど、俺にはその面白さは理解できず。

その見所の1つと思われるのが、今川ヨシモト[ CV:持月玲依 ]徳川イエヤス[ CV:明坂聡美 ]という新たな二人の戦国武将の登場。そして時々画面に見切れていた伊達マサムネ[ CV:平田裕香 ]だ。マサムネの方はこの先のストーリーの伏線なんだろうけど、せめてもう少し思わせぶりな言動があっても良かったのに。

ヨシモトの方はノブナガ[ CV:豊口めぐみ ]とのガチンコ"レクリエイション"だった訳だけど、せっかく女の子を取りそろえてるんだから、こういうところで「ポロリもあるよ」的なシチュエーションをもっと入れればいいのに。せめてそのくらいは無いと、流石にキャラとストーリーだけじゃもはや勝負できる内容じゃないだろう。

早くもこの時代にに馴染みつつあるヒデヨシ[ CV:日高里菜 ]も、今回は単にうるさいだけのオマケキャラ的な存在に。そのおかげで内容にメリハリは無い平坦な印象になった気がする。

戦国乙女(@テレビ東京) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

|

« 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第3話) | トップページ | 俺たちに翼はない(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51455762

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国乙女~桃色パラドックス~(第3話):

« 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第3話) | トップページ | 俺たちに翼はない(第3話) »