« 30歳の保健体育(第4話) | トップページ | 緋弾のアリア(第3話) »

へうげもの(第4話)

千宗易[ CV:田中信夫 ]。口数も少なく、表情を変えようともしないが故、何を考えているのかよく分からない怖さがあった。その怖さの正体を、見せつけられた気がする。秀吉[ CV:江原正士 ]はどういう決断を下すのか?史実に疎いが故、それに沿っているのかいないのかに関わらず、興味が尽きない。

一方で、一応今作の主人公と思われる左介[ CV:大倉孝二 ]の方は?『御馬揃え』では今一歩のところで最高評価とはならず、宗易弟子対決でもすっかり圧倒される始末。左介の場合はこの微妙にうだつの上がらないところが愛すべきキャラでもあるんだけどね。

そして秀吉の動きと共に気になるのは光秀[ CV:田中秀幸 ]だ。状況からして、信長[ CV:小山力也 ]を快く思っていない事は間違えないと思う。もしこの二人の争いが始まり、そしてそこへ秀吉が介入してきたら・・・。

それでもたぶん左介はしたたかに生きていく、そんな気がする。

へうげもの(@BSプレミアム) / アニメーション制作:BEE TRAIN

|

« 30歳の保健体育(第4話) | トップページ | 緋弾のアリア(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51520733

この記事へのトラックバック一覧です: へうげもの(第4話):

« 30歳の保健体育(第4話) | トップページ | 緋弾のアリア(第3話) »