« 星空へ架かる橋(第2話) | トップページ | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第2話) »

「C」(第2話)

公麿[ CV:内山昂輝 ]、ディールデビュー!コンビを組むのは「アセット」と呼称されていた謎の存在、名前は真朱[ CV:戸松遙 ]・・・と公麿は呼んだな。なんか本人的には「そーじゃないけど、まぁいいか!」的なちょっとした苛立ちがあったように見えたんだけど。気にしすぎか?

アセットと聞くと、普通は「資産」とかって意味だと思うよね。オフィシャルサイトによると「今後、ドラマが進むにつれて金融・経済用語が次々と登場する。その意味を考えることが「C」の世界観を深く知る手がかりになる。」とあるので、用語は単に語感が良いから使われてるだけじゃなくて、ちゃんと意味があるという事を意識しておきたい。

真坂木[ CV:櫻井孝宏 ]が言うには、このアセットは未来の一馬の姿を現しているってことだけど、そもそも真朱は女の子だよな?しかも雰囲気が羽奈日[ CV:牧野由依 ]にどことなく似てる気がするんだよね~。まさか公麿と羽奈日の娘か?いやいや、さすがにそれはないか・・。

1話でさりげなく登場していたあの「黒い紙幣」が何なのか、それを説明してくれたのは三國[ CV:細見大輔 ]。これからのストーリーにおいて、三國の存在がカギになる!ってのはまぁこの2話の内容を見ていれば明らかだな。

「C」(@フジテレビ) / アニメーション制作:タツノコプロ

|

« 星空へ架かる橋(第2話) | トップページ | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第2話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51467628

この記事へのトラックバック一覧です: 「C」(第2話):

« 星空へ架かる橋(第2話) | トップページ | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第2話) »