« Aチャンネル(第3話) | トップページ | 花咲くいろは(第4話) »

DOG DAYS(第4話)

ミルヒ[ CV:堀江由衣 ]の誘拐も、やはりあくまでもこのフロニャルドにおいてはイベントの一部か。バトルシーンの作画も頑張ってると思うし、キャラクターの個性もこれだけの数が登場しながら、なかなか際立ってるんだけど、あまりに平和すぎてストーリーに対する期待感が、話数を重ねても自分の中で盛り上がってこない。プロレスみたいなもんだと思って見ればいいのか?いや、俺はプロレスは見ないけども。

ストーリーがイマイチ楽しめないとなれば、やはりキャラクターの方に目がいく。ビスコッティ側ではエクレール[ CV:竹達彩奈 ]だ。シンク[ CV:宮野真守 ]とのコンビも段々と息が合ってきてるし、何よりもその分かりやすくて熱い性格。良いんじゃない?

そして今回から初登場のブリオッシ[ CV:日笠陽子 ]。技の名前を声高に叫ばせたら、昨今の若手女性声優の中で右に出る者はおそらくいない、日笠陽子とのマッチング。これはキャスティングの勝利か?

ガレット側では、どうやらシンクのライバルになりそうなガウル[ CV:柿原徹也 ]。ガレット側も地球人の勇者を引っ張り出してきてみたり、ボスが地球人だったりすると、ストーリー的に面白くなりそうな要素を過分に含むような気がするけど、どうだろう?

DOG DAYS(@TOKYO MX) / アニメーション制作:セブン・アークス

|

« Aチャンネル(第3話) | トップページ | 花咲くいろは(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51487150

この記事へのトラックバック一覧です: DOG DAYS(第4話):

« Aチャンネル(第3話) | トップページ | 花咲くいろは(第4話) »