« DOG DAYS(第5話) | トップページ | 日常(第5話) »

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第14話)

「エロゲー作ろうぜ!」

いくら爽やかに宣言したところで、京介[ CV:中村悠一 ]に捧げる言葉は変態の2文字オンリーだ。ヲタな妹に理解のある兄、という設定だったはずの京介が、いつの間にか自分までヲタ、さらにはそれを通り越して「エロゲーマー(自称)」にまで到達していたとは・・。

しかし黒猫[ CV:花澤香菜 ]の反応はまさに予想外。瀬菜[ CV:伊瀬茉莉也 ]の花澤香菜が一瞬憑依したかのような物まねのごとく、罵声を浴びせるかと思ったんだけどなぁ。デレフラグが立ってしまうとは。京介の部屋で二人きりなイベントがあってみたりと、やはり黒猫ルート確定ということなんだろう。

黒猫や京介や桐乃[ CV:竹達彩奈 ]と出会った頃と変わったな~と思ったのは、そんなデレイベントだけじゃなくて、瀬菜にゲーム制作の協力をお願いしていた場面だ。自分の力の足りない部分を素直に認めて、そして瀬菜に頭まで下げるなんて。桐乃や京介との出会いが、黒猫にとっては自分の人生観を変えるくらいに大きな意味があったんだろう。

そんな一面とは別に、瀬菜が部活に戻ってきてくれたのは何気に嬉しい。あそこまで自分の事を棚に上げて他人を変態呼ばわりする潔さが見てて気持ちいいし、追い詰められると最後は「お兄ちゃ~ん!」で逃走というオチの付け方も文句なし。基本は物静かな黒猫の喋りが多くなる黒猫ルートに欠かせないアクセントだ。

しっかし桐乃は出てこないなぁ。一言もセリフがないとは・・。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(@ニコニコチャンネル) / アニメーション制作:AIC Build

|

« DOG DAYS(第5話) | トップページ | 日常(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51563059

この記事へのトラックバック一覧です: 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第14話):

« DOG DAYS(第5話) | トップページ | 日常(第5話) »