« 30歳の保健体育(第6話) | トップページ | 「C」(第5話) »

へうげもの(第6話)

今回は光秀[ CV:田中秀幸 ]秀吉[ CV:江原正士 ]も出番無し。政治的な動きは少し影を潜めた。その一方で、左介[ CV:大倉孝二 ]はいよいよその出世欲を全面に出すようになってきた。これこそが、左介の本性という訳か。

果たして武田攻めというこの機会が、左介にとっての勝負所なのかどうかは分からない。だけど、左介の目にはこれがラストチャンスと映ったようだ。そのためには井戸茶碗のニセモノを献上品として持参することなど、造作もないらしい。どうだろうかな~。バカ正直に生きる道よりも、姑息に上を目指す生き方を選んだ左介。どちらに転ぶか分からないこの緊張感も、この作品の面白さだ。

その一方で、「抱いていけ!」とまで迫られておきながら、役に立たないとはこれいかに(笑)。やっぱりこの辺が左介なんだよな~。何が「ろくろで鍛えた手つき」なんだか。

へうげもの(@BSプレミアム) / アニメーション制作:BEE TRAIN

|

« 30歳の保健体育(第6話) | トップページ | 「C」(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51654951

この記事へのトラックバック一覧です: へうげもの(第6話):

« 30歳の保健体育(第6話) | トップページ | 「C」(第5話) »