« アスタロッテのおもちゃ!(第5話) | トップページ | 聖痕のクェイサーⅡ(第5話) »

戦国乙女~桃色パラドックス~(第6話)

「想出乙女」のサブタイトルどおり、各キャラクターの回想で世界観を補完するストーリー構成。最初はミツヒデ[ CV:喜多村英梨 ]。回想が始まったポイントが実に分かりにくくて、ノブナガ[ CV:豊口めぐみ ]が相撲を取ってる最初の場面は、それが理解出来なかったぞ。

ミツヒデの場合は、やはり有名な史実のとおりにノブナガに反旗を翻すのかどうか?という点が一番のポイントだよね。ヒデヨシ[ CV:日高里菜 ]のことを快く思っていないのはもちろんの事、そのヒデヨシをかわいがるノブナガに対しても、少し不満があるような無いような?

後半はそのノブナガの回想。ノブサダ[ CV:くじら ]という存在が今のノブナガという人格の形成にかなり影響を与えた事はもちろんだけど、それ以上にヒデヨシとはフィーリングが合うんだな~という印象だ。

今回はこれだけで終わりかな~と思いきや、マサムネ[ CV:平田裕香 ]が実はヒデヨシと同じ時代、同じ世界から来た存在(ヒデヨシの先生なんだっけ?)である事が発覚。おそらく一人くらいはそういう人間がいるだろうとは思っていたけど、マサムネだったか。思わせぶりにミツヒデを煽ってるあたり、何か考えがありそうな様子。

戦国乙女(@テレビ東京) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

|

« アスタロッテのおもちゃ!(第5話) | トップページ | 聖痕のクェイサーⅡ(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51637533

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国乙女~桃色パラドックス~(第6話):

« アスタロッテのおもちゃ!(第5話) | トップページ | 聖痕のクェイサーⅡ(第5話) »