« TIGER&BUNNY(第7話) | トップページ | 俺たちに翼はない(第7話) »

逆境無頼カイジ 破戒録篇(第7話)

いや~、そこで終わるか!カイジ[ CV:萩原聖人 ]大槻[ CV:チョー ]のイカサマに気づいていない訳がない。そう思ってはいても、大槻が賽を振る度に緊張してしまった。アニメでここまで心拍数上がったのは久々だな~。

大槻が普通の賽を2回振る間、カイジは何を考えていたのか?1回目と2回目、もしここで大槻が456を出してしまったら?確率的にはゼロじゃない。それでもカイジは1回目と2回目は静観した。イカサマに気づいているのか気づいていないのか、敢えて疑心暗鬼に陥るような態度を取った。大槻も分かっていたはずなのに、完全にカイジのその空気に飲まれてたよね。この時点で、もう大槻の残されたわずかな確率はほぼ消えたに等しかったんだろうな。これぞギャンブルの流れだ。

果たしてカイジがどんな種明かしをしてくれるのか、次回がとにかく待ち遠しい。あの反応を見るに、三好[ CV:遊佐浩二 ]たちはカイジが何をしようとしていたのか、大槻がどんなイカサマを仕組んでいたのか知らなかったんじゃないだろうか?それでもカイジを信用した理由は?とにかく気になる事だらけだ。

それにしても4・5・6しか無いサイコロとは・・。よく考えたもんだ。

逆境無頼カイジ 破戒録篇(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« TIGER&BUNNY(第7話) | トップページ | 俺たちに翼はない(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51708363

この記事へのトラックバック一覧です: 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第7話):

« TIGER&BUNNY(第7話) | トップページ | 俺たちに翼はない(第7話) »