« 「C」(第7話) | トップページ | よんでますよ、アゼザルさん。(第8話) »

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第7話)

「本間さんが許さなかった―」、と聞けば、真っ先にめんま[ CV:茅野愛衣 ]の父親の顔が思い浮かぶ。めんまの家に行ったとき、あれだけ歓迎してくれた母親[ CV:大浦冬華 ]とは対照的というイメージが頭に強く残っていた。それだけに、最後の母親の一言は強烈だ・・・。彼女の心の傷は、時が経った今でもまったく癒えることはない。怒りにも似た、やり場のない気分になった。

そしてめんまの反応を見ていると、やはりめんまとの約束は花火なのか?そうすると、この作品のタイトルとも通じる部分がある。「あの日見た花」というのは、植物の花のことじゃないっていう理解もできる。そう思わせるための手の込んだフェイクか?それともこれが本筋か。そろそろストーリーも核心に触れるところまで来ている。

この7話で、それ以上に確信を持ったのはつるこ[ CV:早水沙織 ]ゆきあつ[ CV:櫻井孝宏 ]に対する気持ちだ。ゆきあつからの深夜のお茶の誘いを断って、さぁ勉強と気合いを入れた後の一言。これを聞いちゃったら、やっぱりつるこはゆきあつの事を単なる友人以上の存在として見ているんだって思う。

あのはな(@フジテレビ) / アニメーション制作:A-1 Pictures

|

« 「C」(第7話) | トップページ | よんでますよ、アゼザルさん。(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51785981

この記事へのトラックバック一覧です: あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第7話):

» (アニメ感想) あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第7話 「ほんとのお願い」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/06/29)入野自由、茅野愛衣 他商品詳細を見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンか...... [続きを読む]

受信: 2011年5月31日 (火) 18時12分

« 「C」(第7話) | トップページ | よんでますよ、アゼザルさん。(第8話) »