« 星空へ架かる橋(第6話) | トップページ | 「C」(第6話) »

へうげもの(第7話)

信長[ CV:小山力也 ]に、武田攻めの成果について正した光秀[ CV:田中秀幸 ]。あの時の光秀の鬼のような形相は、これまでの冷静沈着で感情を表に出さない光秀からは想像すら出来ない。あの瞬間、光秀の覚悟は決まったはずだ。

とは言え、どうやら信長にそれを進言したのは秀吉[ CV:江原正士 ]。その事実を光秀は悟っているだろうか?じゃあもし悟っていたとしたら?おそらく、それでも光秀は信長に対する謀反の心を抑える事は出来なかったはず。それだけ光秀にとって、自分の家臣の存在は大きな物だと思う。

そんな光秀の心変わりを、茶道具や掛け軸から全て悟ってしまう宗易[ CV:田中信夫 ]。それに対して、全く当ての外れた洞察を得意げに披露してしまう左介[ CV:大倉孝二 ]。いつも左介にはもう少し頑張って欲しいと思って応援しているんだけど、この様子じゃ日の目を見る日は来ないかなぁ・・。

へうげもの(@BSプレミアム) / アニメーション制作:BEE TRAIN

|

« 星空へ架かる橋(第6話) | トップページ | 「C」(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51725377

この記事へのトラックバック一覧です: へうげもの(第7話):

« 星空へ架かる橋(第6話) | トップページ | 「C」(第6話) »