« よんでますよ、アゼザルさん。(第8話) | トップページ | STEINS;GATE(第8話) »

へうげもの(第8話)

豪華絢爛な食事のもてなしに、内心ははらわたが煮えくりかえっていた家康[ CV:鶴見辰吾 ]。そこに左介[ CV:大倉孝二 ]の"菓子"がとどめを刺したな。宗易[ CV:田中信夫 ]にとっては、家康という人間の本性を探るという意味で、とても有益な接待の席だったであろう一方、左介にとっては痛恨の極みだろう。

だけど、これで左介を単なるお調子者で空気の読めないヤツと捨て置くのはもったいない。何よりも、家臣を第一に考える家康の本心が、光秀[ CV:田中秀幸 ]の決心に、何らかしらの影響を与えたとみて間違えない。そう考えるならば、左介の行動は歴史を動かす大きな要因の1つになったのでは?という想像を楽しむ事も出来る。

その左介は、秀吉[ CV:江原正士 ]の援軍に向かう光秀と同行している。となれば、おそらくはこれから光秀が起こすであろう謀反の一部始終を見届ける事になる。この物語では、信長[ CV:小山力也 ]は傍若無人なイメージで、そして光秀は思慮深い人間として描かれている。その二人の行動を間近で見る事になる左介。

出世や数寄に対する彼の思考が、変わるきっかけになるだろうか。

へうげもの(@BSプレミアム) / アニメーション制作:BEE TRAIN

|

« よんでますよ、アゼザルさん。(第8話) | トップページ | STEINS;GATE(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51789493

この記事へのトラックバック一覧です: へうげもの(第8話):

« よんでますよ、アゼザルさん。(第8話) | トップページ | STEINS;GATE(第8話) »