« へうげもの(第6話) | トップページ | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第5話) »

「C」(第5話)

口では「三國[ CV:細見大輔 ]のようになりたい訳じゃない」と強がっていた公麿[ CV:内山昂輝 ]だけど、少なくとも今回のディールを見る限りでは、三國の戦い方に思いっきり影響を受けている事は確実だ。

とは言え、三國のディールの妙技は、カネという生き物が持っている特性の理解、対戦相手や自分の力量を性格に把握するための分析、さらには緻密さと素早さが求められる状況判断などなど、およそ公麿が持っていないであろう多くの能力があってこそ。それをいきなり公麿が真似しようとしても、そりゃ無理だ。とは言え、その結果が僅差の負け、そしてわずかではあるけども喜ぶべき状況ではない、現実世界への影響。

ギルドへ加入したようなので、仮に大負けしてもその影響は狭い範囲に限定されるのかもしれないけど、やはり公麿には「頭を使って勝つ」というレベルには達していない気がする。今現在、単なる友達でしかない現実世界の羽奈日[ CV:牧野由依 ]に影響が出てないのも当たり前なのにね。

真朱[ CV:戸松遙 ]がフォークでカップラーメンを食べている構図が何気に可愛い。

「C」(@フジテレビ) / アニメーション制作:タツノコプロ

|

« へうげもの(第6話) | トップページ | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51672594

この記事へのトラックバック一覧です: 「C」(第5話):

« へうげもの(第6話) | トップページ | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第5話) »