« GOSICK―ゴシック―(第15話) | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第14話) »

DOG DAYS(第5話)

サウンドプロデュースに「I've sound」がクレジットされていることもあり、そして俺がI've大好きということもあり、ミルヒ[ CV:堀江由衣 ]がコンサートで歌ったミドルテンポのバラードは、明らかにI'veの音作り。となれば気になるのは誰の楽曲なのか、という点だけど・・。

EDクレジット見てビックリ!作曲・編曲は高瀬一矢の名前が。高瀬一矢と堀江由衣。この組み合わせがあり得る事自体、想像できなかった。それだけこの作品には多くの人のパワーが注がれてるって事でしょう。敢えて「パワー」と書いてみました。

さて、ストーリー。今まで偉そうにふんぞり返っているイメージしか無かったレオ姫[ CV:小清水亜美 ]だけど、少なくとも本気を出せば相当に強い事はよ~くわかりました。シンク[ CV:宮野真守 ]ガレット[ CV:柿原徹也 ]の戦いがかなりエスカレートし始めていただけに、良いところで水を差してくれた。

これまでの展開で、一通り戦の仕組みも分かったし、登場人物やその関係、人間性もその表面的な部分はおおむね描かれていたと思う。次回から、ようやくその材料の美味しいところをふんだんに使ったメインディッシュの登場、となるだろうか。

DOG DAYS(@TOKYO MX) / アニメーション制作:セブン・アークス

|

« GOSICK―ゴシック―(第15話) | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第14話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51563055

この記事へのトラックバック一覧です: DOG DAYS(第5話):

« GOSICK―ゴシック―(第15話) | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第14話) »