« GOSICK―ゴシック―(第19話) | トップページ | Aチャンネル(第8話) »

DOG DAYS(第9話)

何をどうやっても、レオ姫[ CV:小清水亜美 ]の見る未来は変わらず―。むしろ変化を期待するが故の行動が、ミルヒ[ CV:堀江由衣 ]の死という未来へ近づいていくという皮肉。これをひっくり返せるとすれば、やはりシンク[ CV:宮野真守 ]

オフィシャルサイトのBlu-rayリリーススケジュールと店舗別特典のページを見る限り、1クール作品。空から振ってくるいかにもまがまがしい物体こそが、レオ姫の星読みにも出ていた魔獣か?この魔獣との戦いが、作品的にはクライマックスになりそうな雰囲気。序盤の平和ボケムードはもうお終いなのか?

そんな最後の平和ボケを彩るパンツ押し!リコッタ[ CV:水樹奈々 ]が人肌抜けば、ガレットもベール[ CV:寿美菜子 ]がお返しのお約束。そして〆はエクレ[ CV:竹達彩奈 ]の縞パンでした。

ようやくこの作品の緩い戦にも慣れてきたところだったのに。やっぱり1クールは短いな。しかしこの内容で2クールは流石にグダグダになりそうで無理だな。

DOG DAYS(@TOKYO MX) / アニメーション制作:セブン・アークス

|

« GOSICK―ゴシック―(第19話) | トップページ | Aチャンネル(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51799239

この記事へのトラックバック一覧です: DOG DAYS(第9話):

» 〔感懐5.29〕無から仁義の戦を始めるもの、それもまた勇者也。 [義風捫虱堂]
JIN−仁− 完結編 第七話「永遠の愛と別れ」 DOG DAYS 第9話「グラナ砦攻防戦」。。。順次更新 [続きを読む]

受信: 2011年5月31日 (火) 22時49分

« GOSICK―ゴシック―(第19話) | トップページ | Aチャンネル(第8話) »