« 電波女と青春男(第4話) | トップページ | よんでますよ、アゼザルさん。(第5話) »

STEINS;GATE(第5話)

SERNのタイムマシン実験が生んだ悲劇の産物"ゼリーマン"の特徴と、電話レンジ(仮)の制作過程で偶然生まれた謎の物体、"ゲルバナ"の特徴。まさにそれが結びついたところで、5話は終了。SERNのDBを解読するために必要なIBN5100も手に入り、そしてダル[ CV:関智一 ]のハッキングで明らかになる事実。

徐々にストーリーが展開し始めると同時に、SERNという存在と未来ガジェット研究所が繋がっていくこの過程。原作どおりの展開なので既に知っている部分ではあっても、この高揚感はダルはもちろん、オカリン[ CV:宮野真守 ]紅莉栖[ CV:今井麻美 ]たちとシンクロしているに違いない。

あとは紅莉栖に敵意をむき出しにしていた鈴音[ CV:田村ゆかり ]だ。その手にしていたブローチのような物体。アレが何かという事はもちろん俺は知ってるけれども、このシーン自体はアニメオリジナル。ゲームにもなかった主要な登場人物とのシナリオに至りそうな伏線を次々と入れてくるだけに、先の展開はまだ全く予想がつかない。

しかし回を重ねる毎に思うんだけど、作画についてはもう少し頑張ってもらいたい。街並みや未来ガジェット研究所の室内とか、雰囲気作りは良くできてると思うんだけど、肝心のキャラクターが・・。特に紅莉栖についてはもっとゲーム寄りのキャラデザにして欲しかった。

STEINS;GATE(@TOKYO MX) / アニメーション制作:WHITE FOX

|

« 電波女と青春男(第4話) | トップページ | よんでますよ、アゼザルさん。(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51610075

この記事へのトラックバック一覧です: STEINS;GATE(第5話):

« 電波女と青春男(第4話) | トップページ | よんでますよ、アゼザルさん。(第5話) »