« あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第6話) | トップページ | まりあ†ほりっく あらいぶ(第7話) »

STEINS;GATE(第7話)

ロト6の番号を書いたDメールを送信するまさにその瞬間。1話以来のその時。何が起こるか分かっていても、いや、むしろ分かっているからこそ、急激に鼓動が早くなるような、背筋がゾクゾクとしてくるような、何とも言えない気分になった。それだけに、やっぱり納得いかないのは演出なんだよな~。

そもそも原作では1話のタイミングでダイバージェンスの変動エフェクト(ムービー)は挿入されて無くて、このロト6のDメール送信で初めて世界線の変動を目の前で見せつけられる事になる。あの瞬間、一瞬何が起こったのか分からなくなって、まるで画面に吸い込まれていくかのようにすら感じたあの衝撃!それがアニメ版の演出では全然感じられないんだよね~・・・。なんで変えちゃったんだろ。

そして何気なく初登場の[ CV:山本彩乃 ]まゆり[ CV:花澤香菜 ]の「トゥットゥルー♪」に「トゥットゥルー♪」で返すとは、びっくりだ(笑)。こちらも原作ではもう少し小動物感があったんだけど、それよりはもう少し普通の女の子って感じだな。彼女もまた、世界線の変動次第では恐ろしい事になるわけだけど・・・。果たしてそのシーンは訪れるか。

ここまではいわば序章。正確には1話のDメールから事件は始まっていたんだけど、いろいろな事実が解明されて、伏線が解きほぐされ始めるのはまさにここから。いよいよSTEINS;GATE本番!

STEINS;GATE(@TOKYO MX) / アニメーション制作:WHITE FOX

|

« あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第6話) | トップページ | まりあ†ほりっく あらいぶ(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51725391

この記事へのトラックバック一覧です: STEINS;GATE(第7話):

« あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第6話) | トップページ | まりあ†ほりっく あらいぶ(第7話) »