« 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第6話) | トップページ | 俺たちに翼はない(第6話) »

TIGER&BUNNY(第6話)

虎徹[ CV:平田広明 ]のノリはいつもと変わらないのに、ストーリーがちょっと重い。それはやっぱり、バーナビー[ CV:森田成一 ]の心境が大きく影響しているんだと思う。バーナビーが何故、素顔を晒しているのか?どうやらその理由は、自分の家族を死に追いやったあのタトゥー、「ウロボロス」という言葉にあるようだ。

いつもはその軽いノリで何となくバーナビーをいさめてしまう虎徹でさえ、血相を変えたバーナビーをおさえるのに苦労していたくらい。それにしても最後にちょっとだけ姿を見せたあのNEXT。あの強烈な顔は忘れたくても忘れられない。バーナビーが相当に強いのは確かだけれど、あのNEXTの相手をするには、流石に一人では無理だろうな。次に対峙するときには、やはり虎徹との息のあった共闘が見たい。

そんな主人公二人のストーリーの完全な引き立て役になったのが、ファイヤーエンブレムことネイサン[ CV:津田健次郎 ]だ。しかし何ともヒネリのない名前(笑)。ご自慢の(おそらく)フェラーリは完全に破壊されるてるし、オカマキャラは誰からも相手にされないし、そもそも最初は犯人扱いだったわけで。

ストーリーに影を落としたバーナビーの過去とは対照的だ。それが作品全体としての面白さに繋がってると思う。

TIGER&BUNNY(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

|

« 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第6話) | トップページ | 俺たちに翼はない(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51646066

この記事へのトラックバック一覧です: TIGER&BUNNY(第6話):

« 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第6話) | トップページ | 俺たちに翼はない(第6話) »