« 聖痕のクェイサーⅡ(第7話) | トップページ | 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第8話) »

TIGER&BUNNY(第8話)

見切れ意外に存在感の全く無かった折紙サイクロン[ CV:岡本信彦 ]こと、イワン。そんな彼とかつての級友、エドワード[ CV:羽多野渉 ]のエピソード。それでいて、虎徹[ CV:平田広明 ]の人柄にも上手い具合にフォーカスが合っていて、なかなかに見所のある展開だった。

今回はルナティック[ CV:遊佐浩二 ]はお休みかと思えば、しっかりとそれなりの理由で登場。「ウロボロス」の手がかりは結果として再び途切れてしまったけれど、ルナティックの中の人、ユーリ・ペトロフはこともあろうにヒーロー側のTOPに近い場所にいる存在。となれば、虎徹やバーナビー[ CV:森田成一 ]の動きは筒抜けか。

それでも、ウロボロスに繋がる手がかりではないと分かった以上、彼の行為は放置できないにしても、その中の人が誰か?という事にこだわりは無くなったみたい。ルナティックに関する資料を削除したバーナビーの行動は、それを如実に表してた。そしてバーナビーの虎徹を見る目が・・・・変わった?どうだろう。だとしてもバーナビーはツンデレっぽいからな~。素直に「頼りにしている」とか言うわけ無いな。

TIGER&BUNNY(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

|

« 聖痕のクェイサーⅡ(第7話) | トップページ | 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51769590

この記事へのトラックバック一覧です: TIGER&BUNNY(第8話):

« 聖痕のクェイサーⅡ(第7話) | トップページ | 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第8話) »