« アスタロッテのおもちゃ!(第9話) | トップページ | 聖痕のクェイサーⅡ(第9話) »

戦国乙女~桃色パラドックス~(第10話)

ノブナガ[ CV:豊口めぐみ ]ミツヒデ[ CV:喜多村英梨 ]の名前を聞けば、日本史にほぼ興味も知識もない俺でもすぐに思い浮かぶのは"本能寺の変"。その避けて通れない本能寺を舞台にしたエピソード。

ミツヒデの謀反の原因は痴情のもつれ?となればおそらく今まで誰もとなえていない新しい説なんじゃないかと思いつつ、演出とは言えこれだけ普段と違うミツヒデの異変に誰か(といってもノブナガとヒデヨシ[ CV:日高里菜 ]しかいないけど)気づいてあげて。

結果、ノブナガを酒で眠らせて寺に火を放ち、そして自分も死のうとしていたミツヒデ。燃えさかる寺の中に、自分の身を省みずに飛び込んでいったノブナガ。これでミツヒデが目を覚ましてくれて良かった。キス(?)の回数をしっかり数えていたところで、これはもう謀反シナリオは回避できたことを確信。ひとまず良かった。

それもこれも今回はマサムネ[ CV:平田裕香 ](伊達先生)の企みだったんだけど、この人はどうやら私怨で動いている模様。その動き、イエヤス[ CV:明坂聡美 ]には悟られていたみたいだけど、ノブナガはどうも完全に我が道を行っているようだ。豪快と言うべきか、鈍感と言うべきか・・。

戦国乙女(@テレビ東京) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

|

« アスタロッテのおもちゃ!(第9話) | トップページ | 聖痕のクェイサーⅡ(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51885235

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国乙女~桃色パラドックス~(第10話):

« アスタロッテのおもちゃ!(第9話) | トップページ | 聖痕のクェイサーⅡ(第9話) »