« 電波女と青春男(第8話) | トップページ | STEINS;GATE(第9話) »

へうげもの(第9話)

普段はその感情を押し殺し、ひたすらに信長[ CV:小山力也 ]に仕えてきた光秀[ CV:田中秀幸 ]。その光秀が、まさに心を鬼にして発したからこそ、その言葉には重みがあるというもの。まさに息をのむ瞬間とはこのこと。

しかしその光秀が本能寺にたどり着くよりも前に、どうやら信長は秀吉[ CV:江原正士 ]の手にかかったように見える。最初は、信長が刀を抜き、そしてその場にいた誰かを切り捨てたような演出。一瞬の出来事がまるで永遠に続くかのような時間が終わった後、上半身と下半身を真っ二つに斬り割かれた信長の姿が。

そんな主君の一大事に左介[ CV:大倉孝二 ]は運良くなのか、それとも悪くなのか。数寄よりも武人としての立場を取った左介が、おそらくこの本能寺での一大事に立ち会う事はないだろうな。

秀吉が送った左介の趣味に合わなかったあの茶碗。そこには秀吉のメッセージがこめられていたのか?いや、深読みしすぎか・・。左介作のニセモノを見抜けなかった秀吉。単に数寄としての才が無いだけってことだろう。

へうげもの(@BSプレミアム) / アニメーション制作:BEE TRAIN

|

« 電波女と青春男(第8話) | トップページ | STEINS;GATE(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51857084

この記事へのトラックバック一覧です: へうげもの(第9話):

« 電波女と青春男(第8話) | トップページ | STEINS;GATE(第9話) »