« そふてにっ(第11話) | トップページ | Aチャンネル(第11話) »

GOSICK―ゴシック―(第22話)

今度は"モンストル・シャルマン"か・・。ようやく聖マルグリット学園に戻れたヴィクトリカ[ CV:悠木碧 ]一弥[ CV:江口拓也 ]。後は2人が静かに学園生活を過ごせるかと思ったのに、やはり最後までこの2人には過酷な運命が待っているのか。

一弥の姿を庭園の上から見送るしかできなかったヴィクトリカ。正確には、その瞬間を見届ける事は出来なかった。それはもちろん、ヴィクトリカにとって見たくない場面だったからだ。そしてグレヴィール[ CV:木内秀信 ]がいる横で、はばかることなく涙を流すヴィクトリカ。今までのヴィクトリカからは考えれない涙。それはもちろん、一弥の存在の大きさを思い知らされる。

そして一弥から、ヴィクトリカへのプレゼントを受け取ったアブリル[ CV:下屋則子 ]。最初はちょっと複雑な表情を見せたんだけど、もう吹っ切れたんだろうか?一弥の気持ちをちゃんと受け止めた、あの笑顔が印象的だった。

GOSICK―ゴシック―(@テレビ東京) / アニメーション制作:BONES

|

« そふてにっ(第11話) | トップページ | Aチャンネル(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/51979726

この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK―ゴシック―(第22話):

» 恋と戦争に通じる人の世の奥義。GOSICK -ゴシック- 第22話も追加 [義風捫虱堂]
「GOSICK -ゴシック-」 第22話 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第10話 「Aチャンネル」 11話 [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 15時47分

« そふてにっ(第11話) | トップページ | Aチャンネル(第11話) »