« バカとテストと召喚獣にっ!(第3話) | トップページ | BLOOD-C(第3話) »

ダンタリアンの書架(第2話)

1話ではちょっとハードル高めに感じたダンタリアンの書架。この2話のストーリーは、そんな先入観をだいぶ和らげてくれる内容だった。エピソードの核となる2つの要素、殺人の真相と幻書のありか。それぞれが絶妙なタイミングで「もしかして?」と気づかせてくれるシナリオ。

ヒューイ[ CV:小野大輔 ]エステラ[ CV:川澄綾子 ]をちょっと気にしている素振りを見せたとき、ダリアン[ CV:沢城みゆき ]はちょっとばかりご機嫌ななめ。単なるヤキモチかと思いきや、何度も「呪いの本など存在しない」と言い切っていたところを見ると、おそらくダリアンは何となく想像していたんだと思う。

そして鍵となる幻書が、まさかあの巨大なオルゴールだったとは。"音"という単語がキーワードだったんだなぁ。勘のいい人は、おそらく物語序盤で何となく察していただろうな。あの不気味な広い屋敷に響き渡る、どこか悲しげなメロディ。あの雰囲気に飲まれて、そんな事を考える余裕は全く無かったな。

ダンタリアンの書架(@テレビ東京) / アニメーション制作:GAINAX

|

« バカとテストと召喚獣にっ!(第3話) | トップページ | BLOOD-C(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52285829

この記事へのトラックバック一覧です: ダンタリアンの書架(第2話):

« バカとテストと召喚獣にっ!(第3話) | トップページ | BLOOD-C(第3話) »