« 夏目友人帳参(第3話) | トップページ | 怪盗天使ツインエンジェル(第3話) »

ゆるゆり(第3話)

ようやくこの作品の楽しみどころが分かってきた気がするぞ。アバンでは、これまでの展開を振り返るようなあかり[ CV:三上枝織 ]のモノローグ・・・が、映像的にも音声的にも、随所で遮られる存在感の無さ。もはやあかりの影の薄さは、ネタとして完全に成立したな。ここはひとつ、最後までこの残念キャラ押しで。

そして結衣[ CV:津田美波 ]の部屋で繰り広げられる、京子[ CV:大坪由佳 ]ちなつ[ CV:大久保瑠美 ]、そして結衣を交えた百合なようでコメディのような、絶妙なやりとり。ゆるゆり、作品のタイトルそのままのような不思議な空間に、知らないうちに巻き込まれていた気分。ここでもあかりの存在感の薄さが凄い(笑)。

結衣、京子、あかりのこの3人が醸し出す古くからの付き合いが故の関係に、ちなつが加わったこの4人。最初はちょっと退屈かと思ったけど、それぞれのキャラが分かってくると、なかなかに面白い。特にまだそれぞれのキャラの特徴が出きってないところに、この先も期待が出来るぞ。まずは、京子の「オタク少女」設定がどう炸裂するのか、楽しみだ。

ゆるゆり(@テレビ東京) / アニメーション制作:動画工房

|

« 夏目友人帳参(第3話) | トップページ | 怪盗天使ツインエンジェル(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52253956

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆり(第3話):

« 夏目友人帳参(第3話) | トップページ | 怪盗天使ツインエンジェル(第3話) »