« 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第16話) | トップページ | セイクリッドセブン(第3話) »

神様ドォルズ(第3話)

せめて匡平[ CV:岡本信彦 ]には、平穏な日常を・・・という願いも虚しく、再び阿幾[ CV:木村良平 ]が匡平の前に現れてしまった。そしてそれを追って勾司朗[ CV:村瀬克輝 ]なるやっかいそうな人物まで呼び込んでしまった。

しかしだ。匡平と阿幾の過去の出来事を知らないから、今はそんな事を思っていられるのかもしれない。少なくとも、隻としての力を過去に暴走させた阿幾or匡平が、たくさんの人の命を奪う結果になったことだけは間違えなさそう。その真実は間違えなくこの作品のストーリーの核なだけに、この先、匡平がその事実とどう向き合うのかがキーポイントだろう。

そんな状況にもかかわらず、詩緒[ CV:福圓美里 ]は順調にマスコット化してるじゃないか。ケーキと体重に一喜一憂している詩緒を見ていると、案山子の存在なんてすっかり忘れてしまいそうだ。

そんな展開に水を差したのは、作画の質だなぁ。まだ3話なんだけど。今期のブレインズ・ベースは明らかに制作キャパに問題があるんじゃないだろうか?神様ドォルズに夏目友人帳、そして輪るピングドラム。これまでの制作ペースを考えれば、同時に3本の制作を回せるほどの体制があるとは思えない。

神様ドォルズ(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第16話) | トップページ | セイクリッドセブン(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52263527

この記事へのトラックバック一覧です: 神様ドォルズ(第3話):

« 逆境無頼カイジ 破戒録篇(第16話) | トップページ | セイクリッドセブン(第3話) »