« いつか天魔の黒ウサギ(第3話) | トップページ | R-15(第3話) »

神様のメモ帳(第3話)

メオ[ CV:小笠原早紀 ]に辛くあった事で、鳴海[ CV:松岡禎丞 ]もようやく目が覚めたか?今までのうだつの上がらない鳴海から、アリス[ CV:小倉唯 ]以上の策士&機転の利かせ方。

おかげでメオの父親も無事見つかり、なんやかんやで事件は解決。まぁ喜ばしいところではあるけれど、ちょっとストーリーが先を急ぎすぎたんじゃないの?鳴海の決心のほどを見せたい、というのは分からなくもないけれど、突如として「四代目[ CV:小野大輔 ]と義兄弟の杯を交わす」とか言われても・・・。

「実はヤクザ映画が昔から好きで」的な作者の思いつきを見せられてるようで、あんまり感心しない展開だな。そんな腑に落ちない展開に輪をかけて、これまた作画クオリティも所々で微妙なシーンが。せっかくキャラ原案で丁寧に作ったキャラがいるのに、そこで手を抜いちゃダメだろ。

神様のメモ帳(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« いつか天魔の黒ウサギ(第3話) | トップページ | R-15(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52289745

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のメモ帳(第3話):

« いつか天魔の黒ウサギ(第3話) | トップページ | R-15(第3話) »