« 怪盗天使ツインエンジェル(第4話) | トップページ | ゆるゆり(第4話) »

夏目友人帳参(第4話)

塔子さん[ CV:伊藤美紀 ]の小学校時代の想い出と、木の上の妖怪[ CV:大浦冬華 ]の想い出。この2つがシンクロする、オーソドックスだけどグッとくるエピソード。安直って言う人もいるかもしれないけど、俺はシンプルで単純なこういう物語は悪くないと思う。

小学校時代の夏目[ CV:神谷浩史 ]を見守る妖怪の視点で描かれる物語には、夏目が感じていた孤独や寂しさと非常に近い、だけど向かってる方向が全然違うそれぞれの想いがもどかしさを感じさせる。この2人(という言い方で良いのか?)はわかり合えることなく、もう2度と会うことはないんだろうか?

夏目と木の上の妖怪の再会は、シーンとしてはベタだけど、純粋に「また会えて良かった」と素直に思えた場面。思わず夏目に抱きついてしまった彼女(?)の気持ち、よ~く分かる。そして今の夏目は、言葉通り彼女の優しさと寂しさが身に染みて分かっているはず。今回は夏目友人帳らしい、良い話を見せてもらった。

ところで、にゃんこ先生[ CV:井上和彦 ]はちゃんとラーメン食べられたのかな?

夏目友人帳(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« 怪盗天使ツインエンジェル(第4話) | トップページ | ゆるゆり(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52316743

この記事へのトラックバック一覧です: 夏目友人帳参(第4話):

« 怪盗天使ツインエンジェル(第4話) | トップページ | ゆるゆり(第4話) »