« ダンタリアンの書架(第3話) | トップページ | 輪るピングドラム(第4話) »

BLOOD-C(第4話)

「憎悪を愛情と信頼で上書きする」

作中、所々で挿入される謎のモノローグとクラゲのように浮き沈みする、"血"が入っていると思われる容器。あの声の主は・・文人[ CV:野島健児 ]か?そして小夜[ CV:水樹奈々 ]の脳裏にフラッシュバックする光景―。

これで確実だ。ほぼ間違いなく、小夜の過去の記憶は封印されている。その記憶が"古きもの"に関係しているであろうことは言うまでもないだろう。そして父唯芳[ CV:藤原啓治 ]は、その事実を知っている。

そう気づいた途端に、小夜を取り巻く日常が何か異様な光景に見えてくる。だめ押しは遅刻ギリギリで登校した小夜の耳に入ってきた言葉だ。これまでは小夜の夜のお勤めはありつつも、ルーティーンで流れてきたストーリー。いよいよ、物語の核心が迫ってきてる感じだ。そしてそれは、これまでのように平和な日常が続かないことを暗に予感させる。

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

|

« ダンタリアンの書架(第3話) | トップページ | 輪るピングドラム(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52345915

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD-C(第4話):

» BLOOD-C 4話 [アニメ徒然草]
木の上から美少女が降ってきた! というわけで、 「BLOOD-C」4話 フライングニードロップメガネの巻。 どういう風に好きなのか。 そんな無愛想イケメンの本気を軽く受け流す小夜さんであった。 無...... [続きを読む]

受信: 2011年7月30日 (土) 22時30分

« ダンタリアンの書架(第3話) | トップページ | 輪るピングドラム(第4話) »