« 神様のメモ帳(第7話) | トップページ | R-15(第7話) »

いつか天魔の黒ウサギ(第7話)

明らかに大兎[ CV:立花慎之介 ]の不死の力を越えて"8回目の死"を迎えていた2話でのエピソード。大兎はそれほど気にしていなかったけれど、見ている側にはあの違和感がず~っとここまで引きずられてきた。

ありとあらゆる不可能を可能にするエデルカ[ CV:富樫美鈴 ]の存在と、自らの魔力を大兎の命の代償として捧げたサイトヒメア[ CV:高本めぐみ ]。期せずして、大兎がその事実を知る事になったわけだ。

月光[ CV:中村悠一 ]は「いつかはバレることだ」と切り捨てていたけれど、まさにその通り。黙って大兎のために尽くす女、それが原作者がサイトヒメアに求めた理想の女性像なんだろうか?正直なところ、あまり共感出来ない懐古主義的な発想じゃないかと思ってしまう。

それにしても、大兎は明らかに何か代償を取られたはずなのに、何故にこんなに呑気にヒメアとイチャイチャしてられるんだ?俺は間違えなく[ CV:美名 ]絡みの何かだと思うんだけど。

いつか天魔の黒ウサギ(@テレ玉) / アニメーション制作:ZEXCS

|

« 神様のメモ帳(第7話) | トップページ | R-15(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52530817

この記事へのトラックバック一覧です: いつか天魔の黒ウサギ(第7話):

« 神様のメモ帳(第7話) | トップページ | R-15(第7話) »