« 輪るピングドラム(第6話) | トップページ | いつか天魔の黒ウサギ(第7話) »

神様のメモ帳(第7話)

なるほど、「カピバラ編」の全容がアリス[ CV:小倉唯 ]の介入によってようやく見えてきた。後は義兄弟の杯まで交わした四代目[ CV:小野大輔 ]錬次[ CV:鈴村健一 ]を、憎しみ合う関係へと変えてしまった"核心"だ。

アリスの話を解釈するに、"ヒソン"のお腹にいた子供は、後藤田組の組長の子供と考えるのが自然。しかしだ、もしそれが四代目の子供だったとしたら?いや、それとも錬次の子供だったとしたら?裏をかいて、二人が「自分の子供だ」って勘違いをしていたって可能性もある。

アリスがあのTシャツの刺繍から、何を見つけたんだろう?「t」の下あたりを触っていて、何かに気づいたようだったけど・・。しかし四代目が襲撃に遭ってしまった今、果たして鳴海[ CV:松岡禎丞 ]の言う青臭い友情を取り戻せるんだろうか・・。

ところで、アリスが鳴海に託した"ミネルバ"。あの状況なら、おそらく無事にアリスの手元に戻ってきたはず。いや~、良かった良かった。

神様のメモ帳(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 輪るピングドラム(第6話) | トップページ | いつか天魔の黒ウサギ(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52530803

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のメモ帳(第7話):

« 輪るピングドラム(第6話) | トップページ | いつか天魔の黒ウサギ(第7話) »