« ダンタリアンの書架(#6・第7話) | トップページ | 輪るピングドラム(第6話) »

BLOOD-C(第6話)

思わず言葉を失ってしまった。まさか、ねね[ CV:福圓美里 ]が・・・。こうもあっさりと「古きもの」に喰われてしまうとは。それだけじゃない。立て続けにのの[ CV:福圓美里 ]までも・・。

こうなると、小夜[ CV:水樹奈々 ]の置かれた状況に、次々と疑問符が。「古きもの」にあそこまで破壊された建物が、たった1日で完全に元通り?そもそも「古きもの」の死体とか、あれだけ飛び散った血が、どうしてあそこまで綺麗に片付いているのか。

小夜自身の身体もそうだ。足の擦り傷は残っていたし、確かに痛みも引いていなかったみたい。一方で、ツメのような物で突き刺されていた背中は?あの様子だと、背中の傷はもう治ってたように思える。やはり唯芳[ CV:藤原啓治 ]は、何かを隠しているな。

常に小夜が口にする「約定」という言葉。遂に口を開いた謎の[ CV:福山潤 ]の「誰との約束なのか?」という問いかけ。徐々に、物語が真相へ近づいている気配だ。

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

|

« ダンタリアンの書架(#6・第7話) | トップページ | 輪るピングドラム(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52526759

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD-C(第6話):

« ダンタリアンの書架(#6・第7話) | トップページ | 輪るピングドラム(第6話) »