« まよチキ!(第8話) | トップページ | 輪るピングドラム(第7話) »

BLOOD-C(第7話)

CLUMPの関わった作品では、外せないキーワード。「願いをかなえる店」、そして「対価」。このBLOOD-Cでは、[ CV:福山潤 ]の口から語られたその言葉には、何の違和感も無かった。

犬の言う「隠した悪意」が、強烈にストーリーの伏線として頭に残る。その言葉を聞いた小夜[ CV:水樹奈々 ]の後ろには、思わせぶりに文人[ CV:野島健児 ]の店が・・・。

白昼、田んぼの真ん中に出現した古き物[ CV:三宅健太 ]の言葉もまた、思わせぶり。まるで唯芳[ CV:藤原啓治 ]ですら、何か小夜に悪意を隠しているかのように聞こえる。

その古き物と小夜の戦いを目撃した時真[ CV:鈴木達央 ]。彼は最初から何か知っているのかと思っていたけど・・。しかし、小夜とかつて何らかの関係があったことは確かなような。

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

|

« まよチキ!(第8話) | トップページ | 輪るピングドラム(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52579612

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD-C(第7話):

« まよチキ!(第8話) | トップページ | 輪るピングドラム(第7話) »