« 輪るピングドラム(第9話) | トップページ | 神様のメモ帳(第10話) »

いつか天魔の黒ウサギ(第10話)

[ CV:美名 ]の中に眠るもう1つの人格―。"大兎[ CV:立花慎之介 ]"の監視者であり、そして目的はサイトヒメア[ CV:高本めぐみ ]の封印、か。

単なる幼なじみとして、そして大兎に片想いをする女の子っていう遥ももちろん存在する。そんな遥の心を監視者は知る一方で、その監視者の存在を遥は知らない。セルジュ[ CV:岡本信彦 ]ハスガ[ CV:鈴村健一 ]との会話を聞いていると、今回の一件も監視者自身による企てと考えるのが自然だ。

「遥を大兎の元へ戻してあげて欲しい」という最後の願い。しかしどうなんだろう。監視者の人格を解体することで、本当に大兎を大好きな女の子の遥の存在は維持できるのか?そしてその結果としてヒメアが封印されたと知ったら、大兎はどう思うんだろうか。

いつか天魔の黒ウサギ(@テレ玉) / アニメーション制作:ZEXCS

|

« 輪るピングドラム(第9話) | トップページ | 神様のメモ帳(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52702566

この記事へのトラックバック一覧です: いつか天魔の黒ウサギ(第10話):

« 輪るピングドラム(第9話) | トップページ | 神様のメモ帳(第10話) »