« 神様ドォルズ(第10話) | トップページ | へうげもの(第21話) »

セイクリッドセブン(第10話)

9話でのアルマ[ CV:寺島拓篤 ]の悪石との戦い。その降り注いだ光が、アオイ[ CV:矢作紗友里 ]に影響を与えていたのは明らかだった。閉ざされたアオイの結晶が消えると共に、語られるアオイとルリ[ CV:中島愛 ]の過去。

5年前ってことはルリは12歳って設定だと思うんだけど、今のルリからは想像出来ないほど、そして12歳という年齢を考慮しても人並み以上に、内向的に見える。当たり前のことだけど、今のルリがあるのは、それだけアオイという存在の大きさ、そして両親を失ったことの悲しみが大きかったって事。ちょっと世間を知らないお嬢様っていう印象からは計り知れない、ルリの抱える過去の重さを知った気がする。

それにしても、[ CV:入野自由 ](ジュニアの方ね)は今も昔も驚くほど雰囲気変わってないな。鏡もまた、5年前の事件で父親[ CV:三宅健太 ]を失っているはずなのに、そんな事は全く感じさせない使命感。その心の強さは、成長の証だと思うけどね。

ところで、関東U局ではTVKが最速放送ゆえ、TVKで見ているんだけど、先週TOKYO MXが9話と10話を放送し、そして今週11話ということで、いつの間にか抜かれてしまった。それどころか、制作局のMBSすら抜いて日本最速に。これまた珍しい事態だ。

セイクリッドセブン(@TVK) / アニメーション制作:サンライズ

|

« 神様ドォルズ(第10話) | トップページ | へうげもの(第21話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52680255

この記事へのトラックバック一覧です: セイクリッドセブン(第10話):

« 神様ドォルズ(第10話) | トップページ | へうげもの(第21話) »