« 輪るピングドラム(第10話) | トップページ | R-15(第11話) »

ダンタリアンの書架(#10・第12話)

麻薬のような楽譜、幻曲か。確かに楽譜も書物といえば書物。今までのエピソードとは少し趣の異なる今回のストーリー。俺としては音楽に対しても当然のように(?)学はないけれど、ビブリオマニアの世界よりは、まだ多少はとっつきやすかった気がする。

その楽譜を機会に弾かせるっていう発想も凄いけど、それ以上に"魂"の入ったクリスタベル[ CV:中原麻衣 ]っていう"奏者"を生み出したダラリオ[ CV:川田紳司 ]も相当に凄いと思うぞ。

もし彼が、クリスタベルの設計書を書き残していたとしたら。それは間違いなく幻書になるんじゃないだろうか。そもそも、彼が幻書の力なしにクリスタベルを作り上げたってことの方が、この作品的には特異な事象だと思うんだけど・・。ダリアン[ CV:沢城みゆき ]ヒューイ[ CV:小野大輔 ]も、意外と淡泊な反応。

そのクリスタベルが最後に弾いた曲は、果たしてダリアンの言うとおり、ダラリオの調整によるものなのか、はたまた彼女の意志だったのか。絶妙な余韻を残して幕を閉じたエピソードだ。しかしバイオリンを弾いてる画が全く出てこないあたり、作画の省エネ度合いが露骨すぎる。

ダンタリアンの書架(@テレビ東京) / アニメーション制作:GAINAX

|

« 輪るピングドラム(第10話) | トップページ | R-15(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52759563

この記事へのトラックバック一覧です: ダンタリアンの書架(#10・第12話):

» ◎ダンタリアンの書架第十二話「幻曲」 [ぺろぺろキャンディー]
ヒューイのバイオリンが下手でダリアンが怒る。ノコギリをひく練習なら山奥ですればいのです。そして、婦人がそれかしていう。クリスタベルがご迷惑をと男性がやってくる。これ壊れ... [続きを読む]

受信: 2012年1月14日 (土) 06時23分

« 輪るピングドラム(第10話) | トップページ | R-15(第11話) »