« いつか天魔の黒ウサギ(第11話) | トップページ | BLOOD-C(第10話) »

神様のメモ帳(第11話)

まずは彩夏[ CV:茅野愛衣 ]が一命を取り留めたことが、何よりだった。しかし現実は残酷だ。なるほど、彩夏が鳴海[ CV:松岡禎丞 ]に温室の中を見せてく無かった理由は、そう言うことか・・。

思えば、10話でも、地面に横たわる彩夏の表情に、気になるところはあった。そう、目の下に出来たあのクマだ。「俊夫[ CV:立花慎之介 ]の事で悩んで寝不足?」と都合良く解釈していたんだけど。その理由も、エンジェル・フィックスに毒されていく俊夫の表情で何となく想像が付いた。

果たして彩夏が屋上から飛び降りるきっかけとなった俊夫との会話は、どんな内容だったのか?そして何故、彩夏自身までエンジェル・フィックスに手を出してしまったのか?いや、俊夫に無理矢理なのか?少なくとも今は、この真相を知る俊夫を早く捕まえないと。そろそろエンジェル・フィックスの飲み過ぎて、俊夫自身の身体もやばいことになってきてるはず。

神様のメモ帳(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« いつか天魔の黒ウサギ(第11話) | トップページ | BLOOD-C(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52751494

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のメモ帳(第11話):

« いつか天魔の黒ウサギ(第11話) | トップページ | BLOOD-C(第10話) »