« BLOOD-C(第11話) | トップページ | ダンタリアンの書架(#11・第13話) »

輪るピングドラム(第11話)

冠葉[ CV:木村昴 ]晶馬[ CV:木村良平 ]が生まれたその日、桃花が命を落とし、そして苹果[ CV:三宅麻理恵 ]が生まれた―。

"輪る"の当て字が輪廻の"輪"を連想させる。何で晶馬は自分たちが生まれた理由が、苹果の姉の死と関係があるという発想に至ったんだ?冠葉が真砂子[ CV:堀江由衣 ]と密会していることと、何か関係があるか?ありそうでなさそうな。何か分かったようで分からない。相変わらず気を持たせる展開だ。

それでも、苹果と多蕗[ CV:石田彰 ]の関係は、大きな進展があった。あそこまでこだわっていた多蕗との「プロジェクトM」。なりふり構わずそれに向かって突進していたはずなのに、計画達成目前で自らその舞台を降りてしまった。

ゆり[ CV:能登麻美子 ]のアドバイスが効いたのか、それとも晶馬の言葉が耳に残ったのか。陽毬[ CV:荒川美穂 ]にボロクソ言われて、ここはスパッと新たな恋に。

輪るピングドラム(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« BLOOD-C(第11話) | トップページ | ダンタリアンの書架(#11・第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52817435

この記事へのトラックバック一覧です: 輪るピングドラム(第11話):

« BLOOD-C(第11話) | トップページ | ダンタリアンの書架(#11・第13話) »