« 花咲くいろは(最終話:第26話) | トップページ | 夏目友人帳参(最終話:第13話) »

魔乳秘剣帖(最終話:第12話)

▼最終話
千房[ CV:寿美菜子 ]と魔乳の因縁、そして[ CV:寿美菜子 ]との"おっぱい戦記譚"。ストーリー上の一区切りがついて、だけど物語はまだ終わらない。なかなか上手くまとまった最終話だったな。

「乳流れの極意」が母の心とは、ちょっと意外な展開。しかしそこで千房のおっぱいを吸わせてみるっていう露葉[ CV:川庄美雪 ]の発想もまた凄い。相変わらず千房の剣の腕は未熟そのもので、桜花[ CV:能登麻美子 ]に圧倒的に押されてはいたものの、だからこそ不意に繰り出した手刀が"乳流れ"へと繋がったんだろう。

最終話はこの作品らしからぬおっぱい露出の少なさ。内容はかなり見応えのある展開で面白かった。胸華[ CV:高垣彩陽 ]の目論みは未だに健在だし、楓や影房[ CV:水原薫 ]の胸も相変わらず。これはまだ続編を作る気満々、という理解で良いかな?

それにしても最後の鳩宗[ CV:大川透 ]の「おっぱーい!」には笑った。完全に何の脈略も意味もない。なんなんだ、あれは(笑)。

▼まじめにおっぱい
ちょっとしたサービスカットではもはやなく、そして悪ふざけの領域さえも超越して、ここまでおっぱいに固執されるともう受け入れざるを得ない。それに加えて、この作品の場合はストーリーもちゃんとしてるし、作品としての完成度は結構高いと思う。とは言え、所どこに「乳」が必ず絡んでいるのを見ると、どうしても失笑してしまうわけだけど・・。

▼でっかいおっぱい
どうもこの作品の世界は巨乳と貧乳しかいないみたいで、ちょうど良い具合の中間が無い(笑)。乳ありきのキャラという点は否定できないと思うけれど、それでもキャスティングは人気も実力もう申し分無いラインナップだし、千房と楓のコンビはもちろん、鳩宗みたいなアホキャラもいて、見てて飽きることのないキャラクターだった。

▼作画には少々注文を
最終話もストーリーは良かったのに、作画は相当ながっかりクオリティ。おっぱいへのこだわりはAT-Xで見るとそれなりに解禁されているんだけど、地上波では残念ながら全く分からず。おっぱいがでかすぎるキャラが多いので、作画するときのバランスはかなり難しい気がするんだけど、残念ながらそのバランスの悪さが目立ってしまうシーンも多かった。

魔乳秘剣帖(@TVK) / アニメーション制作:フッズエンタテインメント

|

« 花咲くいろは(最終話:第26話) | トップページ | 夏目友人帳参(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52839380

この記事へのトラックバック一覧です: 魔乳秘剣帖(最終話:第12話):

» SKET DANCE&疾風伝&魔乳 [別館ヒガシ日記]
は コラボの回だったが ら雰囲気が違って違和感も 声優&木曜などネタ被り多々で 完全に色が強めも面白くて 予想通りEDも変更で楽しめたよ [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 13時06分

« 花咲くいろは(最終話:第26話) | トップページ | 夏目友人帳参(最終話:第13話) »