« 怪盗天使ツインエンジェル(最終話:第12話) | トップページ | 夏目友人帳参(第12話) »

ゆるゆり(最終話:第12話)

▼最終話
最後だから何でもアリ、とでも言いたげな、最初から最後まで笑いの絶えない最終話。あ~、腹いて。俺はてっきり、あかり[ CV:三上枝織 ]はあのまま川に流されて、二度と登場しないかと思った。あかりがいないのに、みんなでしっかりご飯を食べ終わってるところが凄い。あかりの分は確実に残って無いじゃないか(笑)。あの配置だと、あかりが座るスペースすら・・。

そしてオチはまさかの爆破オチ(笑)。もうそのタイマーは何があっても絶対ダメだろっていう状況から、あかりがまさかの1分前ストップ!そんな、あかりが存在感を発揮するなんて、あり得ない。そして現実にあり得なかった。あかり以外の全員が起きた後の再始動。アイキャッチ前にりせ[ CV:後藤沙緒里 ]綾乃[ CV:藤田咲 ]の爆破オチという前振りがあっただけに、より一層効果的に。

京子[ CV:大坪由佳 ]の着ぐるみパジャマ配布があったり、千歳[ CV:豊崎愛生 ]がチョコでキス魔と化してみたり、ま~とにかく楽しい最終話だった。無理に重苦しい流れに持っていこうとしないで、最後までゆるゆりらしい面白さを堪能させてもらった。

▼楽しみ方を知ってから
原作未読、どういう作品か全く前知識無く挑んだ1話は、俺の中では少々空振り気味。「流行の日常アニメか?」という穿った見方をしたんだけど、それは大いなる勘違いだったな。とにもかくにもあかりという存在を理解してからだ。1話を見る前の俺に教えてあげたいくらい。逆に言うと、初見の人には少々とっつきにくいというか、分かりにくいんだよね。徐々に浸透してくるこの感じ。1話だけで切っちゃうのは惜しい。

▼残念な子
この作品の主人公であり、最も影が薄くて残念な子、しかしながら彼女抜きにこの作品は語れない。それこそがあかりだ。ま~ここまで不憫な主人公も珍しい。タイトルの「ゆる」にもそれほど繋がらないし、ちなつ[ CV:大久保瑠美 ]に襲われた以外、「ゆり」にもそれほど縁がない。最初は誰を中心に見たらいいのかよく分からなかったゆりゆりだけど、あかりの存在に"気づいて"からは、毎回楽しみで楽しみで。

▼意欲的なキャスティング
メインの登場人物となる娯楽部の4人(あかり・ちなつ・結衣[ CV:津田美波 ]・京子)には、思い切って若手を起用。俺は当たりだったと思うね。それぞれのキャラクターの特色を上手く演じていたと思うし、OP・EDもキャラが活きたアニメらしい楽曲に仕上がっていた。それでいて、サブキャラをある程度の経験と人気のあるこれまた若手で固める。とっちらかりそうなキャスト陣を、上手くまとめたのも音響監督、そして監督の腕だと思う。

ゆるゆり(@テレビ東京) / アニメーション制作:動画工房

|

« 怪盗天使ツインエンジェル(最終話:第12話) | トップページ | 夏目友人帳参(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52787940

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆり(最終話:第12話):

« 怪盗天使ツインエンジェル(最終話:第12話) | トップページ | 夏目友人帳参(第12話) »