« 神様ドォルズ(第9話) | トップページ | うさぎドロップ(第9話) »

へうげもの(第20話)

相変わらずいつ見ても表情一つ変えず、本心では何を考えているのか見当も付かない利休[ CV:田中信夫 ]。それでも、数寄に対する信念は、決して武人に迎合する事のない確固たる芯を持っているはず。少なくとも俺はそう思っていた。そしてそれは、山上宗二[ CV:大林隆介 ]もまた、同じだった。

秀吉[ CV:江原正士 ]の下、地位を与えられた事で、利休は少し政に深く関わりすぎてるんじゃないか?って気がする。左介[ CV:大倉孝二 ]と違って、その無表情の仮面の下に、利休は大いなる野心を持っているように思えてならない。

一方で自分の屋敷の事で頭がいっぱいの左介。宗二が暴れた後、ちゃっかり気に入った柱を持っていってしまうとは。思わず「せこ!」と言ってしまった。このセコさこそ、これまで左介が上手く世渡りしてこられた源泉でもあるけどね・・・。

へうげもの(@BSプレミアム) / アニメーション制作:BEE TRAIN

|

« 神様ドォルズ(第9話) | トップページ | うさぎドロップ(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52624661

この記事へのトラックバック一覧です: へうげもの(第20話):

« 神様ドォルズ(第9話) | トップページ | うさぎドロップ(第9話) »