« 神様のメモ帳(第11話) | トップページ | 輪るピングドラム(第10話) »

BLOOD-C(第10話)

「人間の傀儡」―。小夜[ CV:水樹奈々 ]の前に現れた古きもの[ CV:佐藤利奈 ]が口にした言葉。そして筒鳥先生[ CV:宮川美保 ]の突きつける、白紙の伝記という事実。遂に外堀が埋まってきた感じだ。

そして以前から怪しい雰囲気だった文人[ CV:野島健児 ]も思わせぶりな事を言い始めた。あのギモーブの赤い色は?そもそも、あのギモーブはどんな味がしているんだ?これだけ材料が揃ったんだ。小夜がおそらく人間ではないのは、もう間違いないと見てよさそう。

唯一、小夜の事を何か知っていそうな気配のあった時真[ CV:鈴木達央 ]も、よせばいいのにあの状況で境内に戻ってきて古きものの犠牲に・・・。かと思えば、ねね[ CV:福圓美里 ]のの[ CV:福圓美里 ]が!?

ますます混乱してきた。何がどうなってる?

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

|

« 神様のメモ帳(第11話) | トップページ | 輪るピングドラム(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52755147

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD-C(第10話):

« 神様のメモ帳(第11話) | トップページ | 輪るピングドラム(第10話) »